• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2018年02月07日 長岡高専生、全国・世界へ

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2018年02月07日 長岡高専生、全国・世界へ

【広報な毎日】長岡高専生、農業イノベーションで全国、シリコンバレーへ

投稿日 2018年2月7日
0

長岡高専の学生チーム

 長岡高専の学生チームが開発した、水田の水位や温度・湿度などをチェックできる「Tanboo-水田監視システム-」が、昨年10月の全国高専プログラミングコンテストで特別賞など3賞を受賞しました。これにより、3月7日に行われる全国の高専・大学・大学院生がICT(情報通信技術)のアイデアを競う「起業家甲子園」に出場。さらに、チーム代表の安原雅貴さんは2月18日から、米国・シリコンバレーでICTベンチャーや学生などと交流する「起業家育成プログラム」に参加します。

「長岡市に貢献できるようなものづくりをしたい」と決意を語りました

 チームのメンバーら10人が7日、磯田市長を訪問。起業も考えているという安原さんは「初めてビジネスの視点で研究をしました。シリコンバレーではしっかり勉強して、長岡市に貢献できるようなものづくりをしたい」と決意を語りました。
 磯田市長は「農業はイノベーションの大きなテーマ。みなさんの起業を市も応援します。夢をぜひ実現してください」と激励しました。
 水田管理の負担を軽減し、農業の担い手不足解消へのイノベーションにも期待できるこのシステム。これからの研究、実用化に期待しています!

0

このページの担当

広報課
TEL:0258-39-2202  FAX:0258-39-2272
メール:inf-prd@city.nagaoka.lg.jp
最新記事を見る最新記事を見る
過去の記事
  • シェア
  • ツイート
  • 送る